過去作配信と最近のあれこれ



今となっては、そりゃそうだろ、ですが、この2、3ヶ月、次々に関わるはずだった現場が消滅してゆきました。あまりにも外出自粛に慣れてしまってすっかり忘れていましたが、ふと、あ、今ごろ演出助手で劇場入りしてあくせく走り回っていたんだ、とか、来週、新潟に飛んで美味しいお酒を飲んでいたはずだった、とか、考えてもどうしようもないことが何気ない時に頭をよぎります。


スタッフ仲間の近況を聞いたり、役者さんのリモート飲み会に少しだけ顔を出したりしながら、劇場が閉まってることは同じでも、気持ちはそれぞれさまざまだなぁと。 でも、中高の友達で医療の前線にいらっしゃる方々の投稿をちらっとみたり、日々のニュースやドキュメンタリーを見たりしながらやっぱり思うのは、舞台って、見事なまでに不要不急の枠内だし、三蜜の権化ですね、それは本当に。


さてどうしましょうかねぇ。補償云々の話は一度脇に置いておいて、この状況で何かつくれないか、と動いてらっしゃる方々の行動力に感嘆して、そりゃもちろん作り手として自分でも何かできないか悶々と考えはしますけど、濃厚接触をお金にかえてるような商売、根本的には、いや、これ、収束待つしかないわ、なんて思う今日この頃。


ということで、少なからず今自分にもできそうだなぁと、公演映像を公開してみたりしましたよ。公開するにあたって、相談にのってくださったり、許してくださったふたつの公演のキャスト、スタッフに感謝です。


今は、これから劇場が開いたときにきっと生まれる新しい作品に思いを馳せたり、その時に爆発できるように準備や勉強をしたりしながら、おうちにこもってようと思いますよ。わかんない、日々気持ちは変わるので何かやるかもしれないけど、その時はその時です。


写真は、中止になった新潟劇王に一緒に参加予定だった、劇団Accendereと小山内琴星さんと、3月頭に新潟でお稽古したとき。必ずどこかで、作品を発表します。




CONTACT US

© 2017 by Tokyo Yako.