CONTACT US

© 2017 by Tokyo Yako. 

まほろばさんのこと



こんにちは。川名です。

東京夜光、夏の3本立て、その一本目。

東京夜光とまほろば「夜叉ヶ池のほとりで星が鳴く」を7月17日一夜限り、吉祥寺でやります。

ということで、まほろばさんのことを書きます。


そもそも、まほろばさんとの出会いは2年ほど前。和太鼓と歌の夫婦音楽家、まほろば。その、まほろばさんがライブで演劇を取り入れたいというので、友達の友達の友達状態で僕に話が回って来ました。その時、初めて知りまして、和太鼓と歌ってすごい組み合わせだなぁ、歌聞こえんのかなぁ、なんて思ってたけど、実際に聞いてみると、その真摯な音作りに魅了されたのでありました。僕は、ライブって言ってるのに、触発されてがっつり芝居を書き、方々に迷惑かけつつも、まほろばさんの「HOKOLA」というライブイベントを3回やって来ました。


彼らの何がすごいって、一言で言えばそのストイックさ。

といいますか、今時こんな人種が日本に存在するのかと疑いたくなるような、音楽に対するピュアさと実直さ。まほろばさんに会うたびに、薄汚くて醜い自分の心が洗われます。

出会ったちょうど2年前は、東京夜光をこれから始めようとしている真っ最中で、まほろばさんも、まほろばを始めたばかりの、お互い船出通しで、いろんなこと話しました。そこで意気投合してから、引っ込み思案で引きこもり気味の僕ですが、同じく引きこもり気味のまほろばさん(特にタツさん)とご飯を食べに行ったりすることも多くなって。ライブイベントの度に、アレヤコレヤとお話してきました。正直、ジャンルは違いますが、まほろばさんの存在が、僕が東京夜光を続けるモチベーションにもなってると思います。


3回目のライブイベントをやった後、僕から誘いました。

一回、一緒に演劇やりましょうよ。

快く引き受けてくださって。

そこから、かつて、ヤコウバスという劇団をやってた頃、休止公演で大変お世話になった吉祥寺Rock Joint GBさんにお話持ってって、「面白い!やろうやろう!」と言っていただき。もう感謝しかなく。

だったら、まほろばさんの故郷、福井を舞台に何か話がかけないかな。お酒を飲みながら、和太鼓と演劇、楽しんで欲しい、なんて、いろいろアイデア出てきて。


もう、あれです、夏休みです。

本当に、僕たちにとって、これはピュアな夏休みな気がします。休みじゃないけど。

でも、夏休みのつもりで、楽しんでいただける作品になると思います。

単純明快でバカバカしくも切ない物語に、まほろばさんの曲もボリューミーにお聞きいただけると思います。和太鼓の生の迫力すごいです。

あんまり作品作る上で、言いたくないし、こういうこと言ってる人あんまり好きではないけど、今回だけ許して、「楽しいです」笑


東京夜光とまほろば「夜叉ヶ池のほとりで星が鳴く」

7月17日(水)吉祥寺Rock Joint GBにて

https://www.tokyoyako.com/mahoroba


一夜限りの公演です。

よかったらぜひ、満喫しにいらっしゃってください。

どうぞよろしくお願いします。


川名